ご飯

人間、幸せを感じる時というのは美味しいご飯を食べている時というのがもっとも多いです。家族みんなで食べるご飯、好きな人と食べるご飯。大好物ばかりのご飯。そんなご飯を暖かいうちに食べれるというのは幸せなことです。
そんな美味しいごはんを食べる方法の一つに、移動販売車というものがあります。移動販売車とは、一つの場所に留まるのではなく、様々な所に移動して品物を売る車のことです。

この移動販売車、かなり色々売っています。ドーナツ、アイスクリーム。中にはピザ屋焼き肉なんて売っています。筆者が昔体験した移動販売車で、焼き肉があったんです。と言っても焼き肉屋さんのようなものではなく、串に刺したものでしたが、それでも味は抜群に美味かったです。一人旅してた時に味わったのですが、またいつか食べたいですね。
焼き肉の他にも、仕出し弁当を扱っているところもあります。この場合は移動販売車ではなく、普通の車ですけどね。注文を受け、仕出し弁当を作り、場所へ持っていく。そんな役目も果たしています。

仕出し弁当は色んな所で使用されます。例えば、お通夜、ピクニック、スタッフの昼食用弁当。様々な所に仕出し弁当は使われています。
今回は、そんな仕出し弁当のお話や、移動販売と日本の歴史をちょっと紹介していきたいと思います。日本の移動販売の歴史は結構古く、江戸時代からすでに大きく発達していたんです。

おすすめサイト

人気の美味しい弁当が食べたいなら【会席のふる川】
仕出し弁当を頼むなら大阪の業社がいいですよ | DELIFFICE(デリフィス)
弁当を大阪買うならここで!:マイドーイかどや

宅配ピザをスマートフォンで簡単に注文出来るサービスがあります│dデリバリー

Comments are closed.